遊びに行く前にバイアグラ!連休前はシアリスを常備するED日記

バイアグラを含むED治療薬

メディシン

バイアグラとは、1998年より国際的に販売が開始された男性の方特異となる勃起不全を療治させる事の出来るED治療薬となり、現在に至るまでに世界中の方の治療に用いられ役立てられてきており、国内処方の始まりは1999年とされ、薬価の基準を持たない医薬品となるので一錠が高価な製品となりますが、性交前に一錠、経口の内服により改善出来るという事も有り処方を希望する男性の方は多いとされ、国内だけでも推計で1800万人近くの方がEDを罹患者が存在すると言われているので、この薬剤が役立てられる機会は多いとされています。
改良した製品とも言われ次いで2002年に誕生したのがレビトラになり、この薬は現在でも効き始めが最も早い事に優れたものとされており、バイアグラは内服から0.5時間から一時間程で効き目が現れるとしていますが、レビトラは効き初め迄に0.3時間しか要せず血液中で最高濃度にまで達する時間も長くて0.8時間と言われているので、いかに即効性に優れた薬かが分かり急な性交となった場合でも対応出来るだけの短時間での作用を期待出来るとされています。
そして最後に登場し上記二剤を改良したとされるのがシアリスとなり、特質すべき点にはその作用時間で有り、長くても十時間とされているED治療薬でしたが、シアリスは内服してから翌日まで作用を持続させる事ができ、約一日半もの時間持続させる事が出来るので時間による焦り等を精神負担として感じたく無い方には推奨され、他にも食事も一定の摂取であれば摂る事で効き目を不安定にする事も無く、上記二剤の様に素早い効き目では無く時間を掛けた作用となりますが副作用症状を起こしにくいという特徴も有るのでより利便性が高まったものとされています。
ここまでバイアグラ・レビトラ・シアリスの三剤を挙げてきましたが、どれも異なる特徴を持っていますが用途により使い分ける事はでき、作用自体は異なる部分が無く、勃起抑制酵素を阻害する事で内分泌されるcGMPの分解を防ぎ血管を拡げる事が出来るので、硬度の有る勃起状態を起こす事が出来る様になります。