遊びに行く前にバイアグラ!連休前はシアリスを常備するED日記

バイアグラのジェネリック

ジェネリック

もし、あなたが初めてのED治療薬としてバイアグラを購入する立場だったとして、一番初めに感じることは、値段が高いということであるはずです。
シアリスなど他のED治療薬にも当てはまりますが、日本国内で処方されているバイアグラの相場は非常に高額で、1錠がおよそ2000円くらいからです。
一体なぜ、バイアグラはこれほどまでにも高価なのでしょうか?その答えは、バイアグラが先発薬であることと、医療保険適用外の薬品であるからです。
先発薬の薬価が高いのは、新薬を開発・製造するに当たっての多額の費用を回収するためなどです。
さらに日本の厚生労働省はバイアグラを医療品と認可せず、“単なる性生活を一時的に改善する生活改善薬である”としたので保険適用は認められません。
そのために患者の負担が非常に大きいのです。
そんなバイアグラを安く購入するには、個人輸入の代行などの通販サイトからジェネリックを選択するのも一つの方法です。
現在、通販サイトから流通しているバイアグラジェネリックですが、、そのほとんどがインド製のものです。
インドという国は、医薬品の特許に関する制度が特殊なために、他国で特許が切れていない薬品であっても、後発医薬品の開発・製造・販売が認められているのです。
インドの一般のイメージというと、衛生状態は悪く、医薬品の品質も悪そう・・・そんな風に思われている方も多いかも知れません。
しかし、インドは世界有数の製薬大国で、日本の医薬品メーカーと提携をしている製薬会社もあるのです。
国境なき医師団がインド製ジェネリック医薬品を多く使用し活躍しているというのも有名な話でしょう。
バイアグラジェネリックも、厳重な品質管理下にて製造され、品質もまったく問題なく、効果効能もバイアグラと同様です。
ちなみに、国境なき医師団はインド製のジェネリック医薬品を多く使用し、活躍しているのは有名な話です。
インド製のバイアグラジェネリックをいくつか挙げますが、カマグラ(ゴールド)、アグラゴールド、シラグラ、ハードオン、ゼネグラ、センフォース、スハグラ、ペネグラ、と枚挙にいとまがありません。
もちろん、すべて世界中に愛用者がいるED治療薬で、日本国内でも、個人輸入の代行などの通販サイトから購入可能となっています。